So-net無料ブログ作成

忘備録(お肉と歴史と地域と) [ -茶々もか(5年目)2016]

ちょっと歴史を整理。

豚肉は、イスラム教では、だめだけど、

もともと、キリスト教やユダヤ教、イスラム教が生まれた地域って同じようなところ。

人類なんて、キリスト教以前から存在していたわけで、そういう宗教の前は、豚肉もあの辺の地域でも食べられておりました。

それは、エジプトのナイルの下流に位置する当たり。そこらへんは、作物も取れるので、人間が定住していたんですよね。

でも、今のトルコやシリアあたりは、いろんな民族が入ったり出たりとか、遊牧民や、シルクロードを使っての貿易のルートでもあって栄えていた。

そこで、宗教はおいておいて、お肉を食べるにあたり、考えたこと

1.豚の飼育

豚は、放牧できないので、一定の土地で飼う必要あり。また、日持ちしない。

2.鳥の飼育

これは、簡単。だけど、一定の土地で飼う必要があって、生きたまま持っていくしかない。すると移動には不向き

3.牛

食べる量が半端じゃないので、どちらかというと農耕の道具としての利用法のほうが便利だった

4.羊

羊飼いがいるように、羊を連れて移動は可能。遊牧民は、羊とともに最適な場所に移動する。

なので、羊を食べるって、結構当時から合理的。

なお、ラクダは、子供をあまり生まないので、食べるのはめったにない。

モンゴルのような騎馬民族も馬は、大事な戦闘道具であり、食べるより使うことを目的としている。

・・って、いうように考えてみると、おもしろかったりして。

結構羊は、冷涼な環境にも対応できるから、ヨーロッパでもよく食べられるし、その文化を持ち込んだ

オーストラリア、ニュージーランドでは食べるものね。

日本はもともと、仏教の概念から入っているから、

肉食は、あまりしてこなかったしな。

羊は、北海道とか、寒いところで、食べられているか。

もしや、土地がやせててもいいのかな?

また、思い出したらこの日記を更新することにしましょー

じゃあ、おやすみなさーい 

今日の茶々 

 DSC01872.jpg

あーちゃ。元気になってきたよん。

 


nice!(23)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット