So-net無料ブログ作成

虹の橋を [ -茶々もか(4年目)2015]

今日は、本当は、新潟の義父の墓がたったので

出席が必要な日だったが、事前にキャンセルしておいた。

夫は、朝早くから身支度を整えて出かけていった。

いくら新幹線でいけるとはいえ10時にお坊さんがくるのに

間に合わせるにはそれなりに早く行かないといけない。

そんな配慮なんてない。

仕方がない。

1人家で鬱々としていた

心臓はドキドキするし相変わらず今日も3時45からウトウトして

あまり眠れてない。

嫌な気持ちでいっぱいだった

午前中図書館にいって本を借りてきた。

今日の唯一の外出

あと食料もかった

なぜかスーパーに行くのがすごく負担なのだ

あのたくさんあるものから選ぶのがストレス

何が食べたいのかもよくわかってないからかもしれない

なんとなくお昼をたべ

午後電話で友人と話しをしたら少し気持ちが楽になり

昼寝ができた。

まだ、心臓がばくばくするので今日は4回の頓服薬を飲んだ。

5時過ぎに旦那が帰ってきた。

嬉しくて泣いていた

早速、家事をしてくれる旦那

「虹が見えるよー」

って私を呼んでくれた

image.jpg

2重の虹

image.jpg

携帯で二人でベランダにでて写真をとった

image.jpg

きれいだった

image.jpg


屋上に出れる時間だったら全部みれただろうに

それでも

そんな虹のことを普通に伝えてくれた夫に

嬉しかった

いつもと変わらない対応

そして優しさ

涙が止まらなかった

この人と長年連れ添ってこれてよかったと

思える。

今の私は、辛いが、彼がそばにいてくれることが

どれほどの安心感をあたえてくれるのだろうか

そして一日中私のそばを離れないもかちゃん
image.jpg

明日の体調何てわからない。

夢でも仕事のことを考えてしまうかもしれない

心臓がドキドキするのが止まらないかもしれない。

それでも、今日はこうして彼の優しさを

いっぱいいっぱい感じられて幸せだった

仕事をどうするかなんてまたあとで考えればいい

この家を売ればローンも返せちゃうし

田舎で暮らすのもいいんじゃないかともいってくれている。

彼がいてくれて本当によかった

以前最初の鬱の発症の時は、彼に言えず

何年も黙っていたが

今回の再発は、いえてよかった

燃料タンクは空っぽだけど

いずれ時が来たらたまると思う。

失敗を教訓にして、生き方をもっと見直していく

チャンスなのだから

間違いなく以前休職しなくてはならなかった時ほど

ひどくない。

会社でも怒ることもなくなった

自分も変われた

まだまだ変われるんだと思う。

そのチャンスが巡ってきたんだなと。

子供がいないことを悔やんだことは何度もある

子供をいらないという旦那を本気で、憎んだこともある

でも、この年になったら

これはこれでよかったのだと思う。

神様が、私はまだまだ変わらないとダメだって

いってくれてるんだろうな

虹の橋

一緒に見れて幸せだった。


nice!(56)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット