So-net無料ブログ作成

9日目 日本アルプス 黒部アルペンルート [ -Domestic]

2014年5月3日 

さて、弾丸ツアーの最終日は、富山から、黒部アルペンルートを抜けて、


東京へ、戻ります。

image.jpg
朝の4時30に起きて、改札へ。

5時前から、シャッターが空いてない場所で並びました。
 
後ろには、台湾からのご夫婦が、並んでいて、ちょっとした会話をしました。いろいろと彼らは、夫婦で、
東北の弘前城の桜を見に行ったりもしたそうです。
 
旅慣れている格好でした。
 
さっそく1番のチケットをゲットして、いったんホテルに戻り、軽く仮眠をとって、もってきた食糧で、朝ご飯を済ませて、
 
いざ出発。 イナとエラは、朝食を思う存分楽しめたらしく、満足だったみたいですが、部屋がエレベータの前でうるさかったと。
 
まず、朝一のクレームです。
 
まあ、 それはおいておいて、切符は通しで、買ってあるので、とりあえず、ローカル列車で、次の目的地へ。
疲れていたので、席は別にしたら、おばさんがそこに座りたかったらしく、日本語で話しかけてきたので、
 
あ、トラブルが、、、と思って、私の席を譲り、おばさんを他へ。イナは、私は、悪くないと主張。
 
まぶしくてたまらないとクレームなので、ウィンドウをおろしてあげました。
 
40分ほど電車に乗って、美女平までいき、そこから、バスに乗り継ぎ。
 
ちょっと出発までに時間があったのでえ、軽くその辺を歩き回らせて、私は、待っていつつ、トイレに行ったり、
次の予定を確認したりしてました。
 
早めに列に並んでいて、よかった。
 
image.jpg
 
さてここから、バスへ。
 
image.jpg
もう山は直前です。
 
一気に黒部のSnow Wallに向かいます。
 
途中で、マスをいったん止めてくれて、降りられないのですが、日本一の滝の景色を堪能
 
image.jpg 
 
落差350Mは、日本一だとか。
 
で、やっと着いた雪の壁。とりあえず、コインロッカーに荷物をあずけ、でかけるかとに。
外はかなり寒いので、、長靴ををはいて、靴下2枚ばきにしました。
 
image.jpg
 
なんといっても4度ですあらねえ。
 
image.jpg
 
イナは、こんなに寒いはずはな合ったとブーイング。
 
image.jpg
 
最高地点で、4.95mとのこと。
 
ほほーって感じですね。
 
image.jpg
 
どうやって作るんだろうを見ていたら、3月ごろからgpsで道路REPLAY
をして、場所は,GPSで検索数¥るそうだT。
 
すごいハイテク、。。
 
 ここに来たいと言っていたのだけど、寒かったらしく、

こんなに寒いとあーちゃが、言わなかったからいけないんだと責め立てる。

いや、私も知らなかったから、一緒だよと軽く流す。
 
寒かったので、次へ、
 
image.jpg
 
 
ケーブルカーで、おります。支柱が一本も立っていないという素晴らしさ。
 
 
 
 

 
 

 

 降りた後は、またトンネルを通過

image.jpg 

 
黒部トンネルを通過
 
image.jpg
 
照明がブルーのところは、最大の難所。80m進むのに18ヶ月要したって言うんだから。
 
image.jpg
 
山のなあに湧水帯があり、これが最大の関門。
 
水が途中でもめるようになっていますが、水温は、つめたく、これが、660L/MINながれこんでいたかとおもうと
 
当時の意気込みを感じます。
 
 
そして、それを抜けたら、ダム。

image.jpg
 
戦後の電力解消を目的として、日本の秘境を開拓し、建設されたダムです。

image.jpg

やっぱりすごいなあ。
 
 
image.jpg
 
展望台から、一望して、
 
今度は、景色を見ながら、リラックスタイム

image.jpg

山の景色は素晴らしい。

image.jpg

色んなケーブルカーに乗り、


いろいろみて回った

image.jpg

終点のバス停。ここから、さらにバスで信濃大町へ

image.jpg


予定より早く帰ってこれたので、
早めの電車にのれて、無事東京へ。

やっとイナもホッとして、リラックスして、笑顔とジョークが出てきました。

今晩は、ゆっくり寝れそうです。

初めて心からありがとうという言葉をもらえました。

この4泊5日の旅で総移動距離

image.jpg

1100km

疲れたー〜〜〜
 
 

ウクライナ人の訪日


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット