So-net無料ブログ作成

8日目 富山観光-富山へー [ -Domestic]

2014年5月2日

さて、金沢駅に2時前には戻れたので、

image.jpg

きれいな金沢を後にすることに

image.jpg

特急にのって、富山まで。

電車に乗っている途中で、夏にはスペイン、冬には、ドバイにいくという。。

おいおい金持ちじゃないかこいつら。と思って、今までの対応を改めることに。

もう、下手にサービスすることはやめた。

今回は、駅前のホテルを予約したので、移動は楽。

しっかしまあ、、、ホテルに着くまでは良かったものの自分たちの部屋が2階なのが気に入らないとブーイング

喫煙でもいいか?といったらいやだというので、禁煙で、高いフロワがいいという。。。

まあ、それはそれとして、

なんだかんだと言ってくるので、「あーちゃは、リラックスしたいんでしょ?」というので、

「私は仕事をしなきゃいけないから」という。(このセリフ3回目)

さっさとチェックインして、私は仕事。彼女たちとは、一旦3時から、別れることに。

あ、お金渡すのを忘れたなあと思っていたのだけど、仕事がひと段落した5時30頃連絡したら、

これから、ホテルに戻るとのこと。二人でぶらぶらしていたらしい。

で、6時ごろ、帰ってきたから、これから出かけようというので、まずは、明日いく富山電鉄の改札を確認。

切符は、販売は、5時~ で、 かつ当日じゃないと売らないとのこと。また、ロープウェイが最重要で、通しで

信濃大町までの切符が買えるという情報をゲット。また、この時期、台湾人がいっぱい。

で、朝ごはんがホテルで食べられないから、テイクアウトしようというのだけど、それは、無理だと言っても聞かない。

駅の近くで、安いかばんを見つけたが、売ってもらえないと不満。

この店は、カードは使えないことと、ドルじゃ売らないことを話してもわからないという。

まあ、10ドルをもらい、彼女たちのお財布から、消費税を80円だして、かう。

その後、スーパーへ。

夕方の特売がそろそろあるが、まだだったので、何度も聞いてくる。なので、「まだみたい」と回答。

その間に色々と自分の好きなものを買って、ホタルイカの刺身や珍しい魚の刺身を購入。

イナは、明日のお昼の分だけだからと言いながら、カートいっぱいに買い物。いやはや食べきるのかなあ?

特売が始まったよと連絡すると嬉しそうに買い物。

シリアルがほしいと言い出し、それを探して購入。お菓子も山のように購入。

今日は、お菓子がなくなって、ひもじかったらしい。(私が上げたクッキーもグミもすべてたべつくしたらしい)

やっぱり、、、胃袋は、日本人とは違って大きいんだなあと実感。違う民族だねえ。

明日の朝ごはんがと、、またぶつぶついいだしたので、食品安全衛生法で、ホテルからの持ち出し禁止ということと

もっと高いホテルに泊まればできたといったら、もう、なにもいわなくなった。

でもって、明日は私が朝早く行って、チケットを買ってくるから、15分ご飯食べる時間があるというとわかったと。

それでも不満そうだったが、

まあ、それで今日のところは終了。

明日は、4時起きして、チケットを並んで買ってきます。 

 

 

ウクライナ人の訪日


8日目 岐阜観光ー 白川郷ー [ -Domestic]

2014年5月2日

白川郷、ここは、以前からどうしても行きたかったところ。

やっといけて何より。こういうことでもなければいかないものね。

田舎はいやだと言っていたので、ちょっとここに連れていくのに不安があったんだけど、

まあ、ホテルが快適だったらしく、ご機嫌はましになりました。朝一は、いつも不機嫌そうだけどね。

白川郷への行き方を調べるのが結構大変でして、事前にバスを予約。往復で大人3290円、子供1650円(小学生まで)

連絡先は、北陸鉄道 www.hokuretsu.co.jp まで。

バス停は、金沢駅 東口 バスターミナル 2番乗り場

チケットの引き換えは、2番乗り場の斜め前方にある駅前センターにて。予約番号をいえばOK.

帰りは、空席があれば、事前に変更可能です。

ということで、早めに出て行って、大正解。

ホテルを7時にでて、バスに乗り、まずは、荷物をコインロッカーに預けるということを昨日のうちに話をしておいて

お金がかかることも言っておいた。

どうしたって、はいらないだろうという大きさのロッカーに無理やり入れようとするイナ。こういうケチ臭さと感覚の鈍さは、

どこからくるんだろうか?疑問だが。まあ、まずは、納得してもらわないと困るので、とりあえず、やらせて、

私のいうロッカーに荷物を入れる。700円なので、200円は、イナで私が500円出すというと、最初は、半々でいいといいつつ

結局は、250円と450円ということに。ばかばかしいけど、こういう細かい人なんだろう。

で、チケットを交換しにいき、待っててもらって、バス乗り場に行くと、

「このバスか?」と何度も聞いてくるので、スタバにいったら、エラがほしがっていた限定マグがあるかもよと話をして

連れて行く。

どうやら気に入ったらしい。それと、先日私が飲んでいたカフェラテのアイスが飲みたかったらしく、それも注文。

最初はアイスはいやだと言っていたのだけど、全く同じものがほしいらしい。

そろそろイナがクレジットカードを使いだした。お金が尽きてきたと理解したらしい。

やっと私たちのバスが来たので、乗るのに並んでいて、前の人が質問していると、それが気に入らないとまた文句。。。

とりあえず、それは、みんな待っているんだからと話をして、終了。いちいちきいていられないものね。

8:10のバスを予約してあったので、それに乗り、帰りは、4時30だったんだけど、もっと早いのにした。

13時50か、12時25分か迷った末、3時間あれば十分だろうと、決めました。 

で、バスに乗って、うとうととしていたら、

きれいな山並み

image.jpg

ノルウェーみたいだと喜びだした二人

image.jpg

image.jpg

白山が遠方にみえて、ほんときれい。

入場料は、大人500円。子供300円(高校生まで) 

image.jpg

おお、素晴らしい。美しさを感じます。

image.jpg

まだ、桜も咲いているし、山には雪が。そして新芽の芽吹き。これぞ日本。素晴らしいね~。

きれいだなあ

image.jpg

イナもエラもご機嫌

image.jpg

昨日のぶすっとした顔から一変

image.jpg

美人ですねえ~

image.jpg

いやーー、素晴らしい。

image.jpg

はしゃぐ二人 

image.jpg

火の見櫓も、初日の京都でみた劇で、人形が上ったやつだよと教えると喜んで写真をとるエラ

image.jpg

image.jpg 

古民家の中に入ろうというと靴を脱ぐのが面倒だからいやだと言ってはいらないし、外で見てるからというので、

私だけ先に入る。

で、

image.jpg

image.jpg

image.jpg

このぴかぴかの床、本当にきれいです。 

この写真を見せた途端に、みるみるといいだし、入るようになった。

・・・・わがまま大人・・・・

まあ、楽しんでもらえればいいので

image.jpg

昔のキッチンの道具を説明すると喜ぶエラ。若い分 好奇心があるんだよね 

image.jpg

2階がみれるところがあったので、見に行きました。もうこの時点では超ご機嫌のイナ

image.jpg 

ウクライナの自分の祖父母の家でも蚕を飼っていたと話をしてくれました。へーって思ったり。

その上の3階へ。

image.jpg

ここも歩くのを楽しんで、

image.jpg

上から見える景色が絶景。なぜかぴったりのところに穴があいているしww

image.jpg

美しいなあ~

やっぱり日本はいいなあと感動

image.jpg 

急な階段を下りて 

1階にはなんと、、

image.jpg

にゃんこ扉が昔の家にもあったのです!!!

image.jpg

おお、茶々だあ~ww ネズミをとるために昔から買われていたと聞いて、めっちゃ喜ぶ私ww

image.jpg

 

やもり?もいたりして

image.jpg

おなかがすいてきたらしく、昨日買って朝食べてた焼きそばのソースなしを奥のほうで、こっそり食べるエラ

まあ、見逃すか 

image.jpg

雪柳もきれい(だとおもうのだけど)

image.jpg

つつじのつぼみもきれい~

image.jpg

水仙もきれい

image.jpg

お花がきれいだなあ

image.jpg

川がきれいなので、藪の中に入っていくことに

image.jpg

ざくざくいくと 

image.jpg

おお、素晴らしい眺め

 image.jpg

すべてにおいて素晴らしい

image.jpg

まだ行っていないところを探して、

image.jpg

ここに行こうと言って

image.jpg

おお、写真撮れたと思って、見せようとしたら、私が滑って転び、水浸し。

必要以上に乾かせと心配するイナ。

感覚が違うんだけど、ありがたく、気持ちは頂くことにして、しばらく休憩。

途中で桜吹雪がまってきたりして、きれいだったなあ

image.jpg

ちょっと困った日本人の私。

image.jpg

image.jpg

 子供向けの遊具で遊ぶ二人

 
お母さんだって子供に戻ります。
 
 

 そんな風に楽しんで

image.jpg

ということで、この町をあとにすることに

無料のエリアにでると、ゴミ箱を探すがない。。どうやらすべてお持ち帰りということが分かり、おっとっと。 

私もおなかがすいてきたので、コロッケをかって、ちょっとあげるとへんな顔してたけど、気に入ったらしく、

もう一個自分たちでかい

image.jpg

エラは、アップルマンゴーのソフトクリームをたべて満足。 

 image.jpg

古民家の施設ではなく、普通の民宿が並ぶところが橋を渡ったところにあり、そこにも足を延ばしてみることに。

こっちをフルで見るとなると3時間じゃ足りなかったなあ。もう、1本遅くてもよかったかも。。

image.jpg

こっちは、人が暮らしているのだけど、おみやげやの傘が興味本位でかぶって写真をとりたいだけなのに

だめって書いてあるよって言ったら、おかしいとまた文句。

一気にテンションが落ちる二人。

image.jpg

鯉のぼり、みせても、もう、戻ろうというばかり。

いったんへそが曲がるとめんどくさい。

でもって、このバスか、どれか、と聞くので、違うといい、待っている場所が、日が当たるので、不快だと

言い出し、そのうえ、2回同じことを聞かれたので、違うといってもむくれているのでしょうがなく、もう一回

係員にきいて、とにかく渋滞しているから遅れているんだよと再度説明。あっちの日陰で待っててと話をする。 

面倒なやっちゃ。 

20分ほど遅れてくるということを聞いたけど、面倒なので伝えることはあきらめて、終了。

バスがきたので、二人を呼び、乗車 

 image.jpg

こうして、白山を後にしました。。。。

 まあ、それでも二人といると思いもよらないところで楽しめたりするのが楽しくもあったりして、

笑えます。 

 

ウクライナ人の訪日