So-net無料ブログ作成

茶々の嘔吐 [ -茶々もかの病気]

ここのところ、いろんな意味で余裕がなくブログをかくのが滞ってしまっている。

まずそれには一つ、

おととい、帰ってきたら、茶々が、嘔吐して、まるでうんちみたいなものをはいた。

あわてて、救急病院に電話したけど、行くか行かないかの判断は飼い主さんが。。とのこと。

以前、先生に、じっとしていたり、隠れちゃったり調子悪そうだったら来てくださいね

と言われたのを思い出し、次の日の午前中にかかりつけがあくのをまってから

病院に行くことに覚悟を決めて寝た。 

1.jpg 

朝は、ちょっとだけ、嘔吐した。

だけど、胃の中を空っぽにするほうがいいと思って、夜から、ご飯はあげていなかった。

もかにはあげないといけないので、キャットドアをしめて、茶々をお部屋から出れないようにして、もかにご飯をあげたのだが、

もかが、食べないで、キャットドア越しに茶々を見ている。

もかは、不思議でたまらないって感じだった。

次の日の朝、さすがにもかもおなかがすいたらしく、朝ご飯は食べた。

茶々をつれて、無理やり病院へ。

気持ちは、これは、入院だなと思って、そのままかいしゃにいけるようにして、行った。

先生が、触診したところ、まだ胃の中に異物がありそうとのこと。

なので、内視鏡を入れて、検査をし、あった場合はそのまま取り除くこと。

もしだめだったら、開腹手術をするということをきき、

病院を後にした。

茶々のすがるような目が忘れなれないが、とにかく今日は会社に行かなくては。

手術している間も私にはなにもできないんだし。

そして、、会議の合間に電話をしたら、無事摘出できたとのこと。

2.jpg

それがこれ。

かなり大きい。中には針金が入っていたと、レントゲンで確認できた。

間違いなく、これは、茶々の好きなおもちゃ。

転がして舐めて、遊んで、たべちゃったんだろう。

こんなものが3つもおなかにあったなんて、茶々苦しかっただろうに。。

会社を終わって、すぐにお迎え。

茶々は、点滴の時も暴れて、内出血してしまったそうだ。

私の顔をみたら、甘える声を出す茶々。

とりあえず、病院をあとにして、かばんに入っている茶々と猫語と人間語で会話。

はたから見たらおかしいかもしれないが、茶々と会話ができている気がした。

しばらくして、メッシュ部分をあげて、まえが見えるようにしてあげたら、おちついたらしくじっとしていた。

おうちに帰ってきたら、もう、ダッシュで飛び出すが、麻酔の成果、よろよろ。

そして、私は、気が一気に抜けてしまい、

汗は噴き出すは、心臓のバクバクはとまらないはで、しばらく布団基地でゆっくり。

もかは、ご飯くれと言っていたけど、ごめん無理と。しばらく薬を飲んだりして落ち着くまでじっとしていた。

今日は、茶々は、ご飯抜き。

もかだけにあげて、さっさと寝ることに。

もう、そうとうに気が張っていたとよくわかる。

とにかく、無事でよかった。

これからおもちゃの管理は気をつけないとね。

 

お風呂場の茶々もか

DSC09840.jpg

二人ともお風呂は大好き。夏の間も一緒に入っていたけど、だんだん涼しくなってきたので、ますます

一緒に入ることが多くなった

DSC09842.jpg

茶々は、水が流れたり、髪の毛が流れるのを見るのが楽しくてたまらないらしくどんどん

水の近くに寄ってくる

DSC09843.jpg

足の裏や尻尾が多少ぬれても最近は気にしないようだ。

もかはというと

DSC09844.jpg

ふたのうえでだらだら。

DSC09841.jpg

まったくもってマイペースである。

こんな二人に囲まれていることがとても幸せだと感じる。

この二人がいてくれて、本当にうれしくって、元気になっていく茶々を見ているとほっとする。

・・・そう、その日は、自分の個人あてに来たメールなんてみる気もなく、

気がついたのは、次の日のお昼過ぎだった。

それぐらい天ぱっていたんだなあと感心。。。

今週の約束はすべてキャンセルして、ゆっくりすることにした。

こういうのもありだよね。

二人のそばにいてあげよう。

で、今日は、もかのおしっこがとれたので、また昨日に続いて病院へ。

もかは、問題なし。以前よりも量も増えたし、ウェットと混ぜて水分を撮らせる方法は成功しているらしい。

来月も値がよかったら、c/dのウエットとドライの混ぜたものにしたいものだ。

茶々もそうなってくれるといいんだけどな。

早く元気になってね。

茶々

 


nice!(28)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット