So-net無料ブログ作成

新型うつについて [適応障害からうつ病、そして軽微双極性障害]

 先日、NHKにて、現代型鬱について放送していた。

 従来型のうつと違い、若者に多く 再発率が高いとあった。

 また、うつは、一日中気分がふさぐのに対して、新型鬱は、ストレスのかかることに対して、鬱の症状が出る。

 たとえば、会社には行けないが、飲み会や海外旅行には行けるなど、ちょっと従来型とは違う。 

 うつ病自体が再発率が高いし、新型と従来型の数字での違いは、わからなかったが、

 実際のところはどうなんだろうか?

 新型うつについてのわかりやすくするビデオをやっていたが、ちょっとオーバー気味だとしても

 ・人のせいにする

 ・極端に人の発言をとる。

 ・仕事以外は平気

 ・旅行にも行ける

 ・友人と飲み歩くのは平気

 など、何にもする気のないうつとはちょっと違う。

 さて、自分に当てはめてみる。

 適応障害は、うつではないが、うつと似たような症状が出る。まあ、病名については、保険がきくようにつけているので、

 新型か旧型かは、別だとしても、私もそうだったのかなあ? 

 確かに、会社を休む前、ぎりぎりの精神状態だった時には、人を攻める、些細なことをすごく気にするといった症状があった。

 だけど、何もする気が起きてこない感じだった。

 病気が治ってきたころ、最後にパワハラをうけた(これについては、正式に人事に証拠のメールを提出し、パワーハラスメントだと認定してもらったので、私の思いこみではないと思う)ことが、非常に気になって、その人のことがいやで

 仕方がなかった。

 今は、そういった気持ちはないが。

 ただ、この病気を抱える人が、あることにこだわり過ぎたり、

 妙なところにつっかかったり、傷つきやすかったり、

 だけど、会社以外は平気だったりとか、ちょっとおかしなことがある。

 本当にうつなのか?と思うこともあるが、

 人間、一番楽しいことに逃げてしまうものではないかと思うが・

 それが、最もストレスのかからないものに。

 だんだんとストレスが多いところに戻ろうとする。

 いや、ストレスがかからないように自分の考え方を変えていく必要がある。

 そのための時間が必要なのではないかと思う。

 とても、視野が狭くなり、あるところしか見えなくなってしまっているところから、

 もっと広く世界をとらえてみれば、自分の悩みなんて大したことじゃないって思えるように。

 そうなったら、きっと心が強くなるんだろうな。

 ある意味、頑張りすぎるってこともなくなるのではないかと思った。

 まあ、いろんな考え方があるが。

 状態にもいろんな時がある。

 でも、いつか、きっと光が見えてくるから。

 そのためにも、自分の力を信じて、

 やっていくことが必要なんだろうな。

  他者を受け入れることは、容易ではない。


nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事