So-net無料ブログ作成

受け止めて欲しかったんだ [適応障害からうつ病、そして軽微双極性障害]

1月から始まった今のPJ。そろそろ終盤に差し掛かってきました。
すごく大変なこともあったけど、
今回は、実りの多い仕事でした。
PJとしてのものの考え方、話すこと、ポイントとする点など
非常に沢山のことを教えてもらえました。
PJの初期には、経験豊かな方にサポートしてもらい
泣きながら、頑張りました。
やってもやっても、まだまだという状況は、病気を悪化させました。
そして、後半は、サポートしてくれる人の指導のおかげで、
おぼろげながらも、わかることができるようになったということです。

いつも自分は、頑張っていて、周りに対しても余裕がなかったこと。
それをどうすれば良いのかわからずに右往左往していたこと。
そのままの自分を受け止めて、
怒るのではなく、示唆する
それがあとになってゆっくりと考えるきっかけになりました。
暴言ばかり吐く上司のことも気にならなくなりました。

どうして、今のように気持ちが穏やかになれたのか振り返って見たいと思います。

まずは、とかく定時に帰ること。これは、競争のように、楽しく
競って帰りました。
それが続くと、昼間かなり集中しないと終わらないので、
頑張ります。
また、余計なことをしなくなります。
自分が受け持っていることで精一杯。

たまに集中力もきれます。
そんなことって当たり前で、そういう時は、ダラダラしてもいいんだと
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0