So-net無料ブログ作成

セカンド・バージン [Book]


セカンドバージン (幻冬舎文庫)

セカンドバージン (幻冬舎文庫)

  • 作者: 大石 静
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 文庫

 ある優秀な女性が、妻のいる17も下の男性と恋に落ちる。

 不倫か。

 妻からの必要な嫌がらせ。

 仕事もうまくいかなくなる時もあった。

 だけど最終的には、

 女が不幸にならない珍しいパターン。

 男性は、シンガポールでなくなった。

 女性は、どちらもその後、強く生きて行った。

 愛など恋など

 一瞬の思い。

 パッと散って、いくものなのかも。

 何かにすがって生きるよりも、

 もっと強く惹かれるものって世の中に存在するのかもしれないな。

 軽く読めちゃった本でした。

 2010年にNHKで放送されたドラマの小説版。

 仕事のできる不倫しちゃった女性に 鈴木京香 馬鹿な妻役に深田恭子

 ドラマも見たかったなあ

nice!(43)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 43

コメント 6

egg

ドラマ 面白かったです
ユーチューブで一気に見ました

初めまして~
by egg (2011-05-15 13:54) 

haku

生きがいって、人それぞれ、あるいはその時々で多様なんでしょうね
なるほど、確かに愛や恋は一瞬の思い...
永遠の愛ってのも理想ではありますけどね ^^;
by haku (2011-05-15 14:28) 

HAL

不倫したことある???
by HAL (2011-05-15 14:46) 

あーちゃ

>eggさん
 You Tubeでみればいいのか!!そっかそっか。みてみよっと。よろしくです。

>hakuさん
そうですよねえ。永遠の愛って理想だけど・・・現実は・・・ww

>HALさん
えーーー???なんてことを!
ありませんよお~
HALさんは?(怪しいなあww)

by あーちゃ (2011-05-15 15:46) 

春分

怖い話は見ません。○曜サスペンスみたいな何一つ考えなくていい話は楽でいいけど。
by 春分 (2011-05-15 21:32) 

あーちゃ

>春分さん
(笑) 結構面白かったみたいですよー。
やっぱり不倫の終わり方は、男が死ぬのが一番幸せなんだなあって思ったりしてww
女同士は強すぎで両方譲らない。
子孫を残そうとする欲求はすごいものだと思いましたww
by あーちゃ (2011-05-15 21:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0