So-net無料ブログ作成

おじいちゃんとおばあちゃんがお話してくれたこと・・・ [My gran ma memoly]

毛沢東のバレエダンサーhttp://20050105.blog.so-net.ne.jp/2010-11-07

の本の中で、ツンシンの少年時代のことが、書いてある。

近所のオジサンや伯母さん、父や母から色んな迷信やら、その他もろもろのお話をきかされたことを。本当なのか疑わしいものもあったし、印象的なものもあった

具体的には、・・・本を読んでいただければと思うので(ただ単に、そこまで覚えていないだけなのですけどwww)

私も、小さい頃、おじいちゃんやおばあちゃんが、昔話をしてくれた。

山羊を飼っていて、その乳をうちの父親に飲ませたとか、(本当か?とずっと疑問だったけど、途上国に旅行に行ってみて、庭で普通に山羊を飼っているのを見たら、ああ、あり得るかもと思った)

元が攻めてきて、神風がふいて、元を倒した話は、おじいちゃんは、何度も何度もしてくれた。

兄弟で6番目に生まれて、乳がでないからと里子に出され、名前も兄弟の6番目の男の4番目だからという理由で、六四郎 という名前にさせられたことを残念がっていた。奉公にだされたこと。

日本橋で働いていたこと。渋谷の昔話、玉川の話、、色んなお話をしてくれた。それが楽しかった。

おばあちゃんも、小さい頃の話や戦時中の話、昔は、乞食というものがいて、ものをもらいにきたりしたんだよってお話し。

ひいおばあちゃんが、蚊を捕まえるのが上手で、蚊帳の中に入った蚊をピシャって捕まえられたとか、

いっぱい、色んな話をしてくれた。

今日は、、、疲れたせいか、そんなこと思い出したら、涙が出てきてしまった。ツンシンも毎日泣いていたと本にあったが、故郷の暖かい人々との交流は、心に残っていて、ふとさみしくなると思いだしてしまう。

リヤカーを引いて、江の島まで、父親たち子供5人を連れていったとか(本当かいまだに疑問)

おじいちゃんは、正座をして、よく話してくれたなあ。

骨が丈夫だったから、死ぬまで、自分の足で歩いていた。ぼけちゃったから、ぼけちゃったから、、

何もわかんなくなっちゃったけど、おばあちゃんのことは、忘れなかったみたいで

ずっとおばあちゃんの後をくっついて歩いたりしたっけな。。。

・・・・

私にとっては、仕事で忙しかった両親よりも、祖父母との思い出のほうが多いような気がする。

お迎えがあると、おじいちゃんが来てくれた。

小さい頃、「なんでうちだけおじいちゃんなの?ママに迎えに来てもらいたいのに」って

わがままいっちゃったけど、

今になって、母から、

「あーちゃが生まれたときね。おじいちゃんは、ほんと喜んでね。ずっと面倒見てたんだよ。おむつもかえていたんだから。」

って言ってた。

小さい頃、おじいちゃんとおばあちゃんの間に挟まれて寝ていたけど、おじいちゃんが手をつなごうって言っても、いやだっていって、おばあちゃんにくっついてた。

朝早くから、枕元の電気をつけて、本を読んだり、日記を書いていたおじいちゃん。

絵を描くのも好きで、うちの銀杏の木を書いたりしていたっけなあ。。

尋常小学校しかでてなくって、でも勉強はしたかったみたいで、英語でハローとか勉強したりしていたな。かわいいおじいちゃん。

日本と中国の国交正常化記念の何年目か忘れたけど、まだ、個人旅行はだめで

団体なら中国に行けたころだったのか、ちっちゃかったので、よく覚えてないけど

おじいちゃんと私たち姉妹で中国に行った。

外国人は、専用のお店で買い物をするし、紙幣も中国人の人が使うのと違う外人専用のものだった。

みんな人民服を着ていて、写真を撮ろうとすると周りに人だかりができた。

・・・・そんな時代だったんだなあって改めて、「毛沢東のバレエダンサー」の生きた中国の時代を

思う。

おじいちゃんは、かわいい孫たちと旅行に行けたのが楽しそうだった。

もっと、おじいちゃんに優しくしてあげればよかったな。。。って今になって後悔している。

いっぱい、いっぱいの愛情をくれたのにね。。。

おじいちゃんが亡くなったのは、もう10年前になっちゃうけど、、

一つの時代が、こうして終わっていくんだなあって・・・

ああ、なんだか、今日は、外に出て、人ごみにあてられて、疲れちゃったね。

あーちゃは、なんだか感傷的になってます。

でも、、、妹たちよりも、、、おじいちゃんとおばあちゃんの思い出がたくさんあって、

よかった。

一緒に暮らせてよかった。

って思う。

おじいちゃん、おばあちゃん、天国から、見守っててね。

 

 

 

 

 

Check


nice!(39)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 39

コメント 5

Hirosuke

あーちゃ、元気出してGo!

by Hirosuke (2010-11-07 20:33) 

まさむね

ウチの両親が良い祖父母になる為の勉強(笑)をしたらしいのですが、おじいちゃんとおばあちゃんは孫に対して無償の愛を与える為に存在するんだから、イッパイ甘やかしちゃおって言ってました (^^;)
無償の愛を与える存在が出来た時点で、十分恩返しになっていると思いますよ (≧ω≦)b
by まさむね (2010-11-07 21:55) 

あーちゃ

>Hirosuke さん
ありがとうございます(^^)
今日は疲れているから、早くぬいぐるみ抱いて、寝ることにします・・・

>まさむねさん
優しい言葉ありがとうございます。(涙)
by あーちゃ (2010-11-07 22:04) 

haku

おじいちゃん、おばあちゃん♪
とっても優しかったんでしょうね^^
天国からずっと、
あーちゃさんのこと見守ってますよ!!
by haku (2010-11-07 22:16) 

あーちゃ

>haku さん
今思うと、とってもとっても優しくって、いっつも笑顔だった気がします。
怒られた気がしません。
ほんと、おじいちゃんとおばあちゃんにとっては、かわいい孫だったんだろうなあ。。。
そうですよね。
見守ってくれてますよね・・
ありがとうございます。
by あーちゃ (2010-11-08 06:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0