So-net無料ブログ作成

小さな村の小さなダンサー [Movie・TV]

images.jpg

中国の貧しい農村出身の少年が、世界的なバレリーナ(男性の言い方は違うんだけど)

になって、アメリカに亡命した人生を語ったお話。

・・・

以前中国に、農村の環境保護にかかわる講師として、行ったことがあるが、

日本でイメージする農村と中国で言う農村とのギャップは、甚だしいのかもしれない。

共産主義とはいっても、都市部に住む人たちや、政府の人はお金持ちだけど

農村は、貧しく、そして、衛生状況も悪い。

なんかそういう背景も知らずに、語ってしまって勉強不足だったなあと映画を見ながら思った。

そして、

言論統制の恐ろしさ、中国という国、文化大革命とのもと行われた投獄

怖い。

西側の文化を知った少年は、早速魅了されていってしまう。

今まで自分が聞いていた資本主義の社会とのギャップ。

どこが一番幸せで豊かなのか、疑問に持ち始める。

中国に強制送還させられそうになって、大使館での詰問のシーンは、

ほんと怖かった。

でも、両親と連絡が取れない。手紙を出しても帰ってこない。

それは、辛い日々を送ったんじゃなかろうか。。

これは、実話の

「毛沢東のバレエダンサー」のリー・ツンシンの物語

後で、本を読んでみよう。

政治、社会、中国、時代を考えさせる映画だった。


nice!(30)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 30

コメント 3

haku

中国の国家権力は、最近経済が好調になってきて、ますます強引になってきている気がします。
これ以上の暴走が怖いですね。
by haku (2010-10-17 15:59) 

うたぞー

訪問&nice!ありがとうございました。
これからもたまに遊びに来てくださいね。
僕も過去の記事も拝見します。
by うたぞー (2010-10-17 17:54) 

ジジ

ご無沙汰しました。

ボチボチ再開していきます。
また宜しくね。
by ジジ (2010-10-17 19:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1