So-net無料ブログ作成

おいっことスキー [Ski]

今日は、日帰りで、おいっこたちと一緒にスキーに行ってきました。

朝、4時半におきていくスキーは、いささか寝不足。

子供の朝からのテンションの高さに押されて、車の中では、一睡もできず。。

ついたスキー場は、

① 首都圏から近いこと。

②リフト券が安くて、そこそこ子供向けの施設が充実していること。(子供のリフト代無料。・・・ちなみにおいっこたちは、幼稚園児)

③子供のレンタルスキー代が安いこと。

の3つできめました。

いってみてびっくり。。

寒い!めちゃ寒い。

春スキー気分で、いったら、間違いでした。いやー、寒かった。

午前中は、おかげで雪も結構しまっていましたが、あまりの寒さに頭痛がしてくるほど。。。

けど、子供たちと一緒に滑って、ほんと楽しかったです。

 

昔、妹と一緒にスキーに行っていた頃、全く滑れない妹と妹よりは、滑れるけれど、自分のことで精一杯のレベルだったのに比べると、昔と違って、スキーもそこそこうまくなってきたら、子供のフォローの入れ方がわかること、どうやったら、彼が楽しくスキーを楽しめるかってこと考えて、一日を過ごしました。

そしたら、成功成功★

おいっこは、スキーが楽しくなったようで、気が付いたら、リフトの降り方もばっちりだし、おもしろかったらしく、もう1本いこうよととっても元気いっぱいに滑っていました。さすが、5歳児。。。生涯2回目のスキーでこの成長ぶりには、誰もが天才だと思ってしまいますよねえ。

今回、気を付けたこと

①子供が、いやといったら、それ以上無理強いしない。遊びの一環で滑るので、イヤになって、雪遊びをしたがったら、一緒に雪遊びをしたり、休憩をしたりする。

②ストックは、使わない。手にぶらぶらするものがあるとじゃま。今の滑りでストックを使うのっていったら、小回りぐらい。後は、こぐときか。

なので、ストックは、はずして滑ったら、楽チン楽チン

③パンダスキーではなく、きちんとしたレンタルスキーにする。

やっぱり、ちゃんとしたブーツの方が、安定するらしく子供も安心みたい

④足の間に入れるのは、子供がこわいといった斜面だけ。

緩斜面で、下にいて、ちょっと滑ったら、私とぶつかって楽しいっていったことを覚えさせると、自然と板の向きが、その人の方向にもいくし、おもしろいみたい

⑤手をつないで、スキー。(ちなみに私もノンストック)

斜面の下側に子供がいるようにすると滑りやすい。

止まるときは、横むくよおって言いながら、子供を横向きにさせるとすーっと止まるので、子供も安心だし、楽なよう。

⑥あんまりまがらない。とかくスキーは、ポジショニング。最初の最初のスキーなので、板の向きとか教えないで、一緒に滑った。いい位置に乗れていると子供から、力がかからないので、こっちも楽に滑れた。

なかなか楽しい一日でした。

これで、彼がますますスキーを好きになってくれますように。

今日の一言

「あーちゃ、このリフトよく止まるね」

「うん。うん。そうだね。」

「止まるから、たくさん、おしゃべりする時間が出来て、楽しいね」

「うん。うん。そうだね。」

・・・・こんなフレーズ、大人になっても言えたら、あなたは、すごいかも♪

 


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 3

Baldhead1010

昨年末からの雪で、雪がありすぎて除雪が間に合わず、営業停止したスキー場もありましたね。
高知でも多いところは1m以上積もりました。
by Baldhead1010 (2006-03-27 14:01) 

たー助

寒いけど楽しいスキー 良かったですね。
それにしても 小さい頃って寒さより楽しさのほうが
絶対的に優先なんですよね。
by たー助 (2006-03-30 21:04) 

あーちゃ

>Baldhead1010さん
えー、高知でもそんなに積もったんですか。すごいですね。
今年は、雪が多かったので、スキー場がたくさんの雪があって、うれしかったです♪

>たー助さん
そうですよね♪楽しいことが優先で生きたいなあ~
by あーちゃ (2006-03-30 23:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0