So-net無料ブログ作成

おばあちゃんの生活 [My gran ma memoly]

実家には、おばあちゃんがいます。

大正3年生まれで、結構な年です。

頭は、しっかりとしているのですが、なんと体のがたは、どうしようもありません。

ここ数年で、めっきり足も弱くなり、何度も転んでは入院を繰り返し

とうとう、この夏から、家の中での車椅子生活となってしまいました。

昔から、体操をしたり、足をあげたりととっても努力をしてきていたのですが、

だんだんと弱くなっていくようでした。

もう、なくなってしまいましたが、90歳をすぎた祖父は、体だけは、元気でしたが、頭だけが老いてしまい、夜中の徘徊を繰り返し、ご飯を食べたことも忘れ、それはそれでとても大変でした。

祖母は、そんなこともないのですが、耳が遠くなり、話が聞こえなくなってしまったので、友達は、TVです。日中、誰もいない部屋の中で、一人TVをみて過ごしています。

車椅子でしか動けないので、行動範囲は、ベッド、トイレ、キッチンのみ。

それ以上いきたくても、車椅子で通れるスペースは、ありません。

もっというとトイレは、途中から、車椅子をおりて、やっとやっと手すりを使って歩いていく形です。

もしかしたら、そろそろ、トイレもおまるになってしまうかもしれません。

お風呂はというと、介護のヘルパーさんが、きてくれる週2回にいれてもらいます。そのときに、足のつめをきってもらったり(とても足には、手が届きません)、髪をきってもらったりと、日常のことをしてもらいます。

そんな姿をみていると、家を建てるときに、この状態まで想定してたてておけばよかったと後悔するばかり。

今から、段差をなくしたりとか、車椅子が通れる通路幅にするのは、無理なことなんです。

エレベータもつけられません。

昔、園芸が好きで、お花を育てたりとか、イチゴを育てたりとか、そんなことをして楽しんでいた頃が懐かしいです。

年をとると言うことは、楽しみも奪ってしまうのでしょうか。

もう、おばあちゃんの作る餃子やカレー、夏は、ナスのぬか漬け

とうもろこし、もう、食べることができません。

もう、おばあちゃんは、自分の好きな物もつくることができません。

毎日の生活を考えると、なんだか、胸が張り裂けそうです。

 

リフォームをしたくて、数年前から、色々とみてもらいましたが、

みんな「無理」との回答。

もともとこの家をたてたある大手A住宅メーカは、全くやる気がありません。リフォームをまじめにやると儲からないのかもしれませんね。

家を建てるには、とてもたくさんのお金が必要です。また、自分が年をとってから、直すことを考えると2の足を踏んでしまったり、もったいない気持ちが働いて、なかなかできません。

今度は、自分の親が、こういう状態になっても、暮らせるようなエレベータもついた、車椅子で行き来できる家を建てたいなと思います。

おばあちゃん、たくさんお世話になったのに、こんなに不便をかけちゃってごめんなさい。

 なんとかしてあげたい。

日に日に、その思いが強くなるばかりです。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0